姿見施工ブログ|ピコットはピクチャーレール・姿見の販売から施工・取付までお受けいたします

ピクチャーレール施工ブログ | 姿見施工ブログ

姿見と照明の位置関係


姿見と照明の位置は関係します。


玄関においては土間とあがり框の

接点に照明を配置します。


来客があった場合お互いの顔が

暗がりにならないようにするためです。


それと一緒で姿見も姿が暗がりにならないように

姿見と照明を配置します。



洗面所では洗面台の上に鏡が貼付けてある

ことが多いですが、それであれば鏡の上にまたは

天井のセンターからはずれても顔が明るく見えるような

位置に照明を配置したらいいですね。



よくトイレのプチ洗面台の上にハート型の鏡を

施工してもらいたいとの依頼があります。



ただ顔が暗くなりがちですしインテリア的な

効果を望むときのみ姿見を貼られたらいいと

思います。



夜 トイレに行くと明るすぎて目が覚めってしまうことも

ありますのでワット数は低めにしましょう。


インテリア的には明るい中での姿見は映えますし

部屋も広く見せます。



弊社では店舗関係も手がけていますが、

最近ハーフミラー(サングラスによくありますね)

の裏に電飾器具を配置しメッセージを流すことがあります。

洋服屋さんで全身を見てもらう姿見に、美容室では椅子に

座った時に顔を見れる姿見にハーフミラーを使い

裏の電飾機械でメッセージを流すことがあります。



美容室の場合は「いらっしゃいませ!佐藤様」などと

電飾文字を流すのです。



ピクチャーレールでオプション部品などを扱っていますが、

姿見においても店舗用の手法をホームユースに持ち込み、

遊び心と実用性アップに望んでいきたいと思います。
[PR]
by mugensalon | 2012-04-20 18:36 | インテリア
<< 姿見の施工はクロスを剥がしてから 姿見の2つの取り付け方 >>
Copyright© 2012 picot. All Rights Reserved.