姿見施工ブログ|ピコットはピクチャーレール・姿見の販売から施工・取付までお受けいたします

ピクチャーレール施工ブログ | 姿見施工ブログ

姿見の四辺コーキングは必要ない

弊社のHPでは姿見の四辺をコーキングしている

施工写真を載せています.


姿見の施工においてスポンジ両面

テープを使いますが、厚みがあり隙間を

心配する方がいます

それゆえコーキングしてくれと・・・。



最近はお客様にコーキングをするか

どうか判断して頂き施工しています.



四辺コーキングのメリット

 姿見はガラスの裏に銀蒸着をして鏡になるのですが

 無鉛かのため錆びやすくなっています。
 
 コーキングすることで水が鏡の裏に回リづらくなりますので

 その分サビづらくなります。

 

四辺のコーキングのデメリット

 四辺コーキング材自体が経年変化で

 カビが出てきて汚くなってくる。

 

四辺をコーキングしないメリット」

 石膏ボード等に含まれる水分が空気中

 に飛ぶのでその分はサビがでにくくなる。

 水ぶきをしないまたは周りだけは乾拭きにすれば

 カビはでづらい。






この問題については施工後意見を聞きますと

コーキングする前の隙間に関しては

気になる方があまりいらっしゃいません。

ほとんどコーキングしないほうを選ことが多く

なっています。



あなたはどちらですか?
[PR]
by mugensalon | 2012-06-25 20:31 | インテリア
<< 姿見は足元から キッチンから見る時計の位置 >>
Copyright© 2012 picot. All Rights Reserved.