姿見施工ブログ|ピコットはピクチャーレール・姿見の販売から施工・取付までお受けいたします

ピクチャーレール施工ブログ | 姿見施工ブログ

玄関姿見の価格の算出のしかた
姿見の価格の算出はもちろん計算方式が

あります。



昔ながらの尺間法ですが面取り代は長さから

鏡代は坪で計算されます。


304.66・・mmで1尺(303mmの業界もあります)

そして面積は○尺×○尺=○坪。


mm換算からするとおおざっぱですね。


そして接着剤などの副資材代。


施工代。


価格構成はこうなります。



弊社規格サイズ600mm×1,800mmは

この計算からすると割安です。


たとえば500mm×1800mmの場合、

規格品から1辺カットしたほうが安いですが

別注サイズでオーダーしたほうが安くなる寸法も

あります。


いろいろ現場次第で変わる要素もありますので

お問い合わせください。


チラシ・HPにも載っているように

http://rail-mirror.com)

役物がなければ簡単に規格サイズでオーダーが

安く上がります。


役物とは照明スイッチがあったり巾木が段差に

なっている場合をいいます。


規格サイズは人間工学上幅は人間の肩の

サイズ450mmより、丈は身長より算出されます。


また鏡の大判が尺間法でできているので(たとえば

5,400mm×5,400mm 3尺×3尺)でできているので

カットロスがありません。


特別な希望がなければ壁面のセンターに合わせて

規格サイズを施工するのが実用・インテリアにおいて

1番いいと思います。
[PR]
by mugensalon | 2012-09-20 06:08 | インテリア
<< 姿見の水垢の取り方 玄関姿見は土間部分に! >>
Copyright© 2012 picot. All Rights Reserved.