姿見施工ブログ|ピコットはピクチャーレール・姿見の販売から施工・取付までお受けいたします

ピクチャーレール施工ブログ | 姿見施工ブログ

姿見のメンテナンス
姿見に水は厳禁です。

からぶきでしてください。


鏡はガラスに銀蒸着してありますが無鉛になって以来

サビがつきやすくなりました。


ですので水ぶきは厳禁です。


せめて鏡の淵から水分が入らないようにしてください。


タオルを水につけうっすらと水分がタオルの表面

に滲みるくらいにします。


それで水垢は大分取れます。


そのあとはマイクロファイバータオルで乾拭き。


手垢など油の拭き取りにいいものを発見しました。


c0232576_6495346.jpg












キッチンで使うボンスターですがグレードが10ある中で

2番目に細い繊維を使っています。



ただ僕の知っている限りでは普通には

売っていません。


写真は巻物ですので必要分だけ切り取って使います。


姿見ご購入いただいたお客様に差し上げるように

しようと思います。


油性サインペンも落ちます。


傷にもならないようです。


これは独自ですので合っているかはわかりませんが

経験則です。



マイクロファイバータオルとともには必需品なので1枚は

持っているといいですね。。


テレショップに出ている商品はオリンピックで

見つけられる事が多いように思います。


それとドンキホーテ。


倒産品ではないと思いますが定かではありません。



お問い合わせ下さい。
[PR]
by mugensalon | 2012-12-07 06:58 | インテリア
<< 3面鏡の長所 姿見とエコカラットの相性 >>
Copyright© 2012 picot. All Rights Reserved.