姿見施工ブログ|ピコットはピクチャーレール・姿見の販売から施工・取付までお受けいたします

ピクチャーレール施工ブログ | 姿見施工ブログ

玄関での3・5面鏡の欠点
玄関で3・5面鏡を施工すると

欠点があります。


姿見の商品的な問題ではなく

施工上の問題であります。


床が傾いていたら怒るでしょう。



ボールやビー玉を床に置いて

転がったらがっかりです。



それどころではありませんね。


ただ玄関の土間部分は水はけの

関係で傾斜していることも多いです。



それに付随して巾木も傾斜している時が

多々あります。



基本的に姿見は巾木の上に乗せて

施工します。


姿見は擦れに弱いので1・2mmの

ゴム板を間にかませはしますが。



そうすると巾木が傾斜しているので姿見の

垂直をとるためにかませるゴム板の厚みで

調整します。



巾木が傾斜していると3・5面鏡の場合1枚1枚

水平・垂直をとろうとすると上部が階段のように段差ができて

指で触ると段差がわかります。



それを避けるためかませるゴム板の厚みを

変えて施工するのですが、下ばかりで調整すると

それはそれで気になるので、姿見の上部も

多少の段差もやむなしとします。



そんな施工上の妥協があるのです。
by mugensalon | 2013-11-05 22:29 | インテリア
<< コーラスライン「アトランス号」... 姿見の免震施工 >>
Copyright© 2012 picot. All Rights Reserved.